市立ソウル障害者総合福祉センター

市立ソウル障害者総合福祉センター
設立目的設立目的
市立ソウル障害者総合福祉センターは相談や治療、教育および職業訓練などを通じて障害者らの潜在能力を最大限開発して、その機能メを円滑に活用できるようにサポートし、社会の一員としての人間らしい生活を営むことを可能とする福祉理念の具体的実践を目指して設立されました。
使命使命
人間尊重の精神と愛の実践ですべての人々の平等と自由な暮らしを実現する
ビジョン
地域社会と共に育つ人間尊重のグローバルな専門障害者福祉センター
設立および運営設立および運営
  • 設立 : 1982年 12月 17日 ソウル特別市
  • 運営 : (財)永遠の支え聖母会
  • 施設 : 大地面積14,455.92㎡、延べ面積8,730.08㎡(地下1階、地上3階)
  • 専門人力 : 再活意學科専門医, 社会福祉士、臨床心理士、特殊教師、言語療法士、理学療法士、作業療法士、音楽療法士、心理療法士、職業能力評価士、職業リハビリカウンセラー、補助工学士、社会リハビリ教師、栄養士など
201, Godeok-ro, Gangdong-gu, Seoul 05235 Republic of Korea Tel) +82-2-440-5700 Fax) +82-2-440-5780 COPYRIGHT © SCRC, All Rights Reserved.